みるらぼ

映画や音楽・舞台・アニメなどのCD/DVDの予約購入情報等ご紹介。観劇(ミュージカル・コンサートetc)の感想・チケット情報なども。

【インサイド・ヘッド】の感想!吹き替えの声優は?

   

インサイド・ヘッドディズニーとピクサーの最新作の

【インサイド・ヘッド】

子供と観てきました。

 

【インサイド・ヘッド】の吹き替えの声優や

感想などまとめました。

 

 

Sponsored link

【インサイド・ヘッド】の感想!

以下、ネタばれありなので、知りたくない人は注意してください。

 

【インサイド・ヘッド】は、キャラクターが可愛いので、

観に行くまで子供向け映画、という認識でした。

 

実際、映画館にも子供連れの親子がたくさん見に来ていましたが、

観てみると、意外に大人向けかな?と思いました。

もっと楽しくて笑えるような話かと思いきや、意外にシリアス。

 

頭の中で感情たち(ヨロコビ、カナシミ、イカリ、ムカムカ、ビビリ)が

ライリーの色々な状況に対応して操作パネルをタッチすると、

ライリーがその通りに行動し危険を回避したり、楽しくなったり、

ということが、中心に展開されます。

 

が、ライリーが11歳になり、田舎から都会への引越しを機に

環境に適応できず、暗くなってしまいます。

その理由としてヨロコビとカナシミの二人が感情の制御室からいなくなってしまうことに

なっています。

 

ヨロコビとカナシミはライリーを元に戻そうと一生懸命

司令室に戻ろうとする、というのが大まかなあらすじです。

 

観ていると、子供が小さな時から頭の中の感情たちがどのように動いていて、

笑ったり泣いたりしていたのか、など観ていると、

自分の子のことをつい重ねて見てしまうんです。

 

子供を持つ親がとても共感できる内容のような気がします。

 

あ〜、こんな時あるある、と。

 

そういう部分をもっと丁寧に楽しく描いて欲しかったのですが、

内容が暗くなったライリーを元に戻す、なので、

全体的に暗い雰囲気がします。

 

友情や家族の島が次々壊れていったりして。

 

ある意味、ライリーの感情的な成長物語なのかもしれませんね。

 

ライリーの頭の中に『思い出の玉』というものがあり、

特に大事な思い出の玉、というのをヨロコビは必死に守ります。

 

ヨロコビは、大事な思い出が悲しみに変わってしまうから、と

カナシミに大事な思い出の玉を触らせないようにし、

カナシミを思い出の玉から遠ざけようとしますが、

なぜかカナシミは自分でも無意識に思い出の玉を触ろうとするのです。

 

司令室に戻る途中、人には悲しみも必要なんだ、と気づいたヨロコビはカナシミに

思い出の玉を託します。

 

ライリーは大事な思い出を悲しい思いとともに思い出し、

家族や友達の大切さを涙ながらに実感したのです。

 

観終わった娘に内容わかった?と聞くと、

「うーん」

って感じで、あまりわかっていないような?

 

怖いところもあった、と言ってました。

 

途中、ヨロコビ、カナシミ、ビンボンが二次元化して、

記号になる場面があるのですが、そこでは笑っていました。

 

あまり話しとしては理解はできていないようですが、

キャラクターの個性と可愛さが単純に楽しかったようです。

 

まぁ、わたし的にはその個性豊かなキャラクターたちをもっと生かした

エンターテイメント性の高い子供向けの楽しい内容にして欲しかったかな〜、

と思いました。

 

この話は、監督自身の娘が引越しを機に性格が暗くなり、

娘の頭の中ではどのようなことが起きているのか?

ということを元に描いたようです。

 

テーマがテーマなだけになかなか中途半端な立ち位置の作品になってしまった気がします。

 

また、ビンボンは、ライリーが小さな頃、頭の中で作った空想のキャラクターですが、

ヨロコビを司令室に戻すために一人犠牲になってしまってとっても可哀想でした。

 

子供の頃の思い出や空想はこうやって消えていくんだな、と思っても

なんだか納得できない悲しさが。

 

ヨロコビが「司令室に戻ったら、(ビンボンのことを)ライリーに思い出してもらうようにするから」

と言っていたので、ビンボンが消えても、復活するかどこかで登場するかなど

あるのかな、と期待していたのですが、全くなく。。

 

そこはちょっとえーー、と思いました。

 

全体的な感想としては、面白くなくはない、

けどちょっと中途半端な内容かな、

という感じですかね。

 

【インサイド・ヘッド】の吹き替え声優は?

【インサイド・ヘッド】の吹き替えの声優は下記のようになっています。

 

ヨロコビ : 竹内結子

カナシミ : 大竹しのぶ

イカリ : 浦山迅

ムカムカ : 小松由佳

ビビリ : 落合弘治

ライリー : 伊集院茉衣

ライリーのパパ : 花輪英司

ライリーのママ : 田中敦子

ビンボン : 佐藤二朗

 

吹き替えに関しては、特に違和感などはなく、

すんなり見ることができました。

 

が、とにかくヨロコビが話すことが多いので、

ほぼヨロコビばかりが話している印象が残っています。

 

”ヨロコビ”なので、基本テンション高く、見ているこちらが疲れ気味に。

 

竹内結子がヨロコビを演じているのはとても上手でしたが、

ほぼ一人芝居?!という感じでした。

 

カナシミはテンション低く、あまり話しませんし。

ヨロコビとカナシミが司令室から出て二人っきりになってしまったら、

話すのは、ほぼヨロコビ一人、という状態に。

 

途中、ビンボンが出てきてくれて良かった〜という感じです。

 

俳優さんがよく最近声優をしていて、イマイチ。。と思うこともありますが、

今回、声優さんに関しては、不満点はありませんでした。

 

Sponsored link

 - 映画